新着情報

2013年7月11日 私がずっとはまっている漫画をご紹介

私はあまり漫画を読むことはないのですが、一つだけずっとはまって集めている漫画があります。 それはテレビ化や映画化もされている「名探偵コナン」です。 絵も上手で見やすいですし、何よりも推理的要素が含まれているところが気に入っています。 元々、私は推理小説を読むことが好きで、漫画よりも小説の文庫本をよく集めていました。 コナンには私の好きな推理小説の要素がかなり含まれており、毎回、展開がとても面白く感じることから自然と集めるようになったのです。 テレビや映画の方は観ることがないものの、定期的にコミックが発売されているので、発売に合わせて買うようにしています。 全巻、持っているのですが、一人で読むだけではもったいないと思い、周囲の身近な友人などにも貸すようにしています。 そのため、私の身近な人たちもみんなコナンのファンになってしまいました。 コナンの面白いところは謎を解くところだけではなく、恋愛要素も取り入れられているところです。 そしてSFチックなストーリーも盛り込まれています。 人間が小さな子どもになるなんてことは、まさに漫画の世界です。 そんな非現実的な面もありつつ、実際にありそうな事件も盛り込まれているところが面白いと思います。

相場や報酬支払いなどから見る司法書士と弁護士の違い

借金問題を解決する場合には、なかなか自分ひとりでは解決できません。
とくに、債権者である消費者金融と話し合いをしないといけない場合には、なかなか債務者本人というわけには行きません。
債権者にうまいこと言いくるめられたりする可能性も高いですしね。
そこで登場するのが、プロです。
プロといっても、借金問題解決には2種類のプロが存在して、それが司法書士と弁護士です。
では司法書士と弁護士、借金問題解決においてどのように異なるのでしょうか。
その前にまずは法律的な背景を説明します。
2003年法改正が行われて、これによって140万円以下の借金について
司法書士の交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められました。
借金の金額が140万円以下の場合、債務整理手続きは弁護士だけでなく司法書士に依頼することが可能となったのです。
一応法的にはこのような背景がありました。
この140万円というのは、仮に複数の消費者金融に借金がある場合、それぞれで140万円ということではありません。
合計で140万円ということなのです。
ですので3社の消費者金融から500000円ずつ借金をしている場合には、司法書士に依頼をすることができません。
また司法書士は簡易裁判所までしか行くことができません。
自己破産をするときなどは簡易裁判所ではなく地方裁判所に行かなければならず、
そうなると司法書士は訴訟代理をすることができません。
そういった状況では、弁護士の出番となります。

そしてもっとも気になるのが、弁護士や司法書士に支払う報酬についてです。
いくら依頼人が借金で困っているからといっても、弁護士や司法書士も、それでごはんを食べています。
完全なるボランティアで行っている人というのは存在をしません。
一般的な認識として、弁護士の報酬のほうが司法書士よりも高いという認識がありますが、しかしそれは大きな誤解です。
債務整理や過払い金返還請求において、弁護士と司法書士に報酬の差はありません。
弁護士や司法書士が所属している団体として、それぞれ弁護士会・司法書士会というのがあります。
この弁護士会と司法書士会が報酬の上限をほぼ同じに定めていることからも、両者の報酬が変わりないことが分かります。
報酬が同じであれば弁護士に頼んだほうがいいということになります。
案件にもよりますが、詐欺返金は弁護士に頼むほうがいいでしょう。
大体の場合が高額な借金をしている場合もありますし、弁護士の方がさまざまな詐欺返金に応えられるはずです。
弁護士というのは多少敷居が高いところがありますが、一方司法書士の敷居は、それよりは低いですよね。
そういった違いもありますが、いずれにせよ相談しやすいところに話を持ちかけるのがいいですね。
悩みを一人で抱え込まないようにいたしましょう。

普通の融資よりも低金利で現金を借りる方法があるのをご存知ですか?
実はクレジットカードのショッピング枠にその方法が隠されています。
消費者金融のように審査も必要ないので、急なピンチにはクレジットカード現金化を利用する人が増えてきているそうです。
クレジットカードを現金化すると言っても、返金する必要が無いわけではありません。
大抵の所が、ショッピング枠を利用して仮の商品を購入し、そのキャッシュバックとして
現金を指定の口座に振り込むという形態をとっています。
換金率が業者によってかなり違うので、比較サイトなどで事前に下調べをすると良いでしょう。

お金のトラブルは人に相談しにくいですし、一人で抱え込みがちです。
内緒で借りた借金ともなれば、なおさら人には知られたくないですよね。
大抵の人は周りの人間に知られたくないという一心で、悩みを抱えてしまうのです。
日々高い利息に悩まされている方いませんか?
借り始めた当初は、「働いているのだから借金なんてすぐに返せる!」と思うことでしょう。
しかし、日に日に利息が増えていき、なかなか完済出来ずに苦しんでいるという人も多いのです。
このままでは、いつまでたっても返済を終わらせることが出来ません。
手遅れになる前に過払い金請求をしてみましょう。
過払い金請求をすることで、余分な支払い分を取り戻す事が出来ます。
専門家が内密に相談してくれるので、周りにバレる心配もありません。
闇雲に返済額を払い続けるよりも、過払い金請求をした方が借金解決に近づけます。